そしたらさあ

2017-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンチョビ

>いいってことよー
サンキュー神様!
でもハマっているアニメ等がないので描くものに困ります…
というかサッカーばかり見ている気がします

>やったー!更新だー!
しかしすぐ電池切れそう!
すぐだらーっと元に戻る感じになりそうで
とりあえず的なのでもいいからもう少しペースをあげる必要がありますね…


なので今日観てきたアンツィオ戦
新キャラのペパロニのデザインがとにかくツボだったので
これはもう劇場にいくしかないなと

ただ予告と本編で受ける印象がまったく違うのはちょっと驚きました
人懐っこい犬みたいな感じ…なのかな
内容もちゃんとアンツィオ前後の話をつなげていて大満足

そして長編映画決定というのがもうね!
流れたのはチハタン登場と聖グロ再戦だけでしたが
個人的にはまほへのフォローも入っていると嬉しい…
でもこれまた一年くらい待つことになるのかなぁ
スポンサーサイト

2008年 式

やや出遅れた感じで未来福音を観に映画館へ
恋人同士で来ている人が多くてアウェー感はんぱない

冒頭のネコなめるな!でもうニヤニヤが止まらないですが
畳み掛けるように初詣に行く流れでもう耐えられない
半分忘れてたけどそういえばこれ数年かけて彼氏を作る話なんだった
そして開始20分くらいでED流れて動揺したけど2部構成なんすね…

続いて瀬尾と石田の話
いつもの喫茶店でしゃべりっぱなし
そしてこの映画の観客はほぼこれ目当てだと思われる未那の話
動いてみると印象がほんと鮮花にそっくりすぎる…

全てのエピソードが未来に希望を持たせる作りなのですが
どうしてそれを重ねるのかわからなくて途中ただの短編集かと思いました
けど最後に1996年に時間を遡ってようやくあぁそういう事かー、と
織のためにこの構成を取っているんだなー、と
歌いながらスキップするシーンの余韻で終わるのが清々しい

他の章と違って観終わってこんなに前向きになれるのはいいです
ただもうストックもなさそうだしさすがにこれが最後ですかね…
2008年より先もすこしだけ観てみたいなぁ

ないない

花咲くいろはの映画を観てきました
テレビではメチャクチャな面ばかり出ていた皐月のフォローをする話
見せたい部分が絞られているおかげか
ぐちゃっとしていたテレビ版と違ってすごくすっきりまとまっています

緒花が同じような年齢だった頃の皐月を知る事で
自分に言動に対して興味も理解もない母親から
仕事の出来る自立した女性だと認識を変えていく過程を描くのですが
それはそのまま皐月が女将を見る視点でもあるのがわかっていきます

三代そろってなんとも不器用な血筋なんだなぁと思いますが
実家に戻るつもりだった皐月が女将が仕事している姿を見て引き返すシーン
あそこの長回しはほんとよかった

喜翆荘のメンバーも全員出てくるのでそういう意味でも満足できます
回想くらいしか出番がないコウちゃんが最後にセンターで締めるのはちょっと吹く

どうでもいいけど先着プレゼントなんて知らなかったので
いきなり色紙渡されてびっくりしたわ…
みんちーでした

鳴護アリサ

とあるの映画を観てきました
テレビの時も背景美術が丁寧な仕事をしていて好感のもてるアニメだったので
今回はでっかい建造物が話の中心と聞いたらワクワクせずにはいられない

序盤で夕暮れから夜に変わる辺りのシーンはほんと観にきてよかった
こういう光量への気の使い方は映画ならではだなと
肝心の宇宙エレベーターもガラスを多用した採光性の高い建築としてデザインされ
隅々まで密度が保たれておりメインと呼ぶに十分な存在感
まぁ最後きれいさっぱりなくなっちゃうんですが…

ただ終盤のコンサートシーンだけ少し残念
綺麗だけどギミックが少なくアリサにズームする以外での映像の迫力に欠けています
もっとがんばれたんじゃないかなぁと

話はそげぶしてヒロインを助けるいつも通りの物なのであまり言う事ないんですが
レギュラーキャラ以外の顔出しが多くてけっこう嬉しい
真ヒロインも。ちゃんと出た。
どうでもいい事ですが初春がステージ衣装に着替えて花飾りを外したのは驚きでした
あれ外して平気なんだ…

時系列的にはたぶんレールガン2期でやる辺りだと思うので
アリサがすこしでもいいので顔出ししてくれればいいなぁ

andreas gefeller

忘れた頃に出ているIMAの2冊目
特集が「都市」なので好みにがっつりど真ん中だけれど
紹介されてる面子がわりと有名所というか常連というか…
そんななかでアンドレアス・ゲフェラーという方は初見だったので嬉しい

都市から各要素を丁寧に解体して再構築するの自体は珍しくないですが
人間が構成している空間を別の形のオブジェのように見せており
都市をアリ塚や蜂の巣のように眺める目線を作っていてそれがすごく楽しい

ただ紹介されてるわりに記事にはあまり踏み込んだ事は書かれてなくて
それがちょっと残念

あとついでに
オススメしてもらった穂積『式の前日』おもしろかったです
式の前日とあずさ2号だけでもかなりの満足度でした
ありがとうございます

 | HOME |  »

FC2Ad

 

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。