そしたらさあ

2009-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今夜はサタデーナイト
TTOさんのところで
あの上半身のポーズとあの下半身のポーズを見てたらつい…
スポンサーサイト

5月15日の拍手コメントにて
>西炯子作品はSTAYシリーズがオススメですよ
>既に読んであったら申し訳無い


幸い未読のものだったので早速本屋にいって
ステイ、プラス、リバース、プリティ、ネクストを買ってくる
『少年』上下巻だけどこにも置いていないのはなぜだろう…

そして
非常に読み応えがありました
どれも話の中で確実に大人になっていく描写が丁寧で
マジックタイムの数分間を見てるような読後感

この五冊に入ってる話の中では樋高と松木先生の話が一番好みです
他の話がハッピーエンドで幕を閉じるのに対して
この二人だけは結婚した後も描写があって
自分たちの家族を作ろうとする様が本当に強いなぁと


単純に『双子座の女』はテーマがやや異質でまだ上手く飲み込めてなかったり
『First Love』と『お手々つないで』と『夏休みカッパと』に出てくるような
恋愛より一歩か二歩手前の状態でやりとりされる男女関係は
身悶えしたり羨ましかったり眩しかったりで素直に直視できないだけなのですが…

洋子先生
時系列的に高校卒業してすぐなのに洋子先生はエロく描かれ過ぎで
健全な男子中学生にはつらい

クリムゾンSももう折り返しの6話
湯上がり裸Yシャツにはさすがのフォロンさんでも動揺するのか…
赤い子の全裸にはたいして反応してなかったのに
プリネの胸は思いっきり見ていたタタラ・フォロン
もしかして大きいのが好きなだけか


そして
前々から探し回ってやっと手に入ったセシル・サンローラン『女性下着の歴史』
フランス製1986年 野ばら/ブロケード/白サテン
下着研究関連の本に必ずと言っていいくらい名前が出てくるので
一度読んでみたかったのだけれど、A4サイズで300P弱ってちょっと大きいような…

関係のある絵画や当時の広告や写真が大量に載ってるのは嬉しいけど
肝心の文章は仔細すぎて逆に全体の事がよくわからない…

知りたいのはコルセットに関する記述だけなので
古賀令子『コルセットの文化史』を副読本として買ってみた
コルセットの全盛、19~20世紀前半の事で本の8割が埋まってて実にいい感じ
当時の女性と切り離せない下着なので半分以上は文化研究になっているけど
というかこれも結構な分量があってつらい…



あんまり真面目に本読んでると頭がぼんやりしてくるので
休憩用に買ってきたうわさの六塚光『ペンギン・サマー』
ペンギン・サマー
地域伝承とタイムスリップを絡めた二人の一夏の経験SF話
ストーリーをぼかして言うと
「かぐや姫は未来から来た宇宙人でしかも人類の先祖だったんだよ!」
みたいな類いの話で、これ以上はネタバレだから説明のしようがない…

ただこれが面白いのはかなり凝った構成で小ネタをばらまく所で
隆司とあかりの山岳探検、おとぎ話の人物を検証する小論、ペンギンとすごした日記
市役所の爆発未遂事件、埋蔵金を発掘する男の口述、博士と首領の作戦会議…

まだあるけどもういいとして
読んでいてあっちこっちに飛ばされるのに最後でがちっとはまって
無駄な箇所が一切無くしてやられたなーと気持ちいい感じになれた
けどこれ休憩用に買ったのに一気読みしたから
また何かほかに買ってこないといけない…

 | HOME | 

FC2Ad

 

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。