そしたらさあ

2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初恋ソムリエ
そしてすぐ一週間…

>あ、コレ僕もゲーセンの景品でみかけましたよ
>パッと見た時「これオナホジャン!ついにゲーセンもオナホ入れるようになったか!カァー!」
>とか思っていましたが、ただのおもちゃだと知って逆にガッカリしましたよ
>しかし実際これ入るのでしょうかねぇ、何がって、ナニが…

指を抜き差しして遊んだので恐らく入るんじゃないかと思いますが
そうすると「似てるけど違うもの」から「そのもの」になるのでちょっと困る…
それよりわだかまりさんもこれを知ってたのがびっくりです
こんなのもしかしたら通じないかも…と恐る恐るだったので
ところがどっこい

>ウチのオリジナルのフレーズではないのでお気になさらずどうぞ
>水の入ったゴムの玩具は友人が持っていて、妙に欲しかったものです
>あの頃はまだ小学生だったので卑しい想像などはしませんでしたが…
>正式な商品名はわかりませんが周りでは「うなぎ」と呼ばれていたのを記憶しています

(今は違うとはいえ)他所様のブログ名を連呼するのは気が引けてたので
そう言ってもらえるとほっとします
しかしこんなアバウトな説明で二人ともわかるというのは
これってもしかしてわりとよく見かける玩具なんでしょうかね…?
いま手に入ったら間違いなく卑しい目線でしか見れないだろうけれど!


以下読んだものの感想
初野晴『初恋ソムリエ』
退出ゲームの続きになる連作短編で、ミステリー濃度がやや下がって青春小説に

表題作の「初恋ソムリエ」が各キャラのやりとりが一番軽妙で面白いのですが
どうも響子伯母さんの過去だけ童話のような比喩がきつくてよくわからない
安保闘争があった頃の総括に似た雰囲気だなと思えるけどどうなんだろう…

次点で「周波数は77.4MHz」
全員で宝石を見つけたけど逃げ回る地学研究会を追いかける話
学校とは別のコミュニティを作って社会に接点を求める二人が浮世離れしすぎな気も…
麻生さんがいいキャラしてるのに出番少なめなのでまた出てこないものか
ただ語尾でどうしてもアルカナハートのぷっぷくぷ-を思い出してしまう

あー娯楽のための読書ばかりしてないで真面目な本もちゃんと読まないと…

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://soreyorimoka.blog99.fc2.com/tb.php/144-82de3821
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。