そしたらさあ

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり猫が好き

久々にヴァンパイアセイヴァーの対戦がしたくてお店に寄ってみたら
「※4月26日をもちまして閉店いたします」と張り紙が貼られており
これで気軽にいける範囲のゲーセンが全てなくなった事に

いや、厳しい厳しいとはよく聞くけれどまさかこれほどとは…
身近で3つも4つも潰れて初めてわかるのもちょっと鈍感すぎる
少し遠くに(ガチ勢だらけの)店があるのでそこ行けばいいだけなんだけれど
そこで勝てるほど強くないんだよね…
追い打ち出ないし


最近読んだ中で一番面白かった奈々巻かなこ『港町猫町』
ある港町では孤独を抱えた女性は魔女と呼ばれ
少年の姿になった猫と巡り会う、という連作短編マンガ
…この説明だとだいぶ語弊がある気がするけど

煩雑な人間関係から逃げ出した人の気持ちをうまく描いてるなぁと
それもあまり長々とせずすっきりと
名前のない猫が謝るところでウっときてしまった…
一巻とは書いてないけど連載中とあるのでまだ続くんでしょうか
期待していいのかな

と名称未設定 1

別人に変装してダーツに当たった山手線の駅で降りてみる。
これが休日の栞の密かな趣味。
…という紹介文に惹かれて読んだトーキョー・クロスロード

内容は都内を根無し草のように散歩するのがメイン…ではなく
主役の森下栞を中心にした小グループ内の恋愛モノだったので
すごく肩すかしを食らった感じなのですが
誰からも嫌われない程度に距離を保つ森下の視点が意外と面白い

高校生という設定になっているけれど、まるで大学のサークル内恋愛みたいな雰囲気
特に森下が友達の女子二人を一歩退いた目線で見ている時の醒めた感じがいいです
自分だけ安全な場所にいようとするのが他人をイラつかせるという描写も抜かりありません


ただ終始モテて最後も一番おいしく持っていくのはさすが青春小説の主役だなぁと…
もっと女子三人のドロドロした部分を見たかったけれど
そんな爽やかさのカケラもないものを求めるのは…さすがに筋違いなのかな

>ばってんばってん!

即ばってん!
あいかわらず拍手でメッセージをもらうと緊張する…!
もう三回目ということで、始まる直前くらいまで
みんなばってんさんに飽きてるんじゃないかなとか思ってた…
普段からもっと突発的にばってん祭やろうぜ!みたいな事は起こらないかな
無理か


人類は衰退/5/Y
以下読んだもの

田中ロミオ 『人類は衰退しました 5巻』

内容は短編二つ
前半は女子だけのお茶会クラブが校舎の改築前にあった秘密の部屋を探ってゆくという…
直球ド真ん中の大好物な話!
ただメインで出てきた「巻き毛」ちゃんの卒業後を言いかけて終わるのですごい気になる
また出てくるのかな

後半はネタにされてるRPGのグラフィック進化にまったくもって疎い為に
なにを話してるのかさえわからずモヤモヤしただけだった
あんまりゲームしないからなぁ…


岡田利規 『わたしたちに許された特別な時間の終わり』

こちらも短編二つ
イラク戦争が始まった日に部屋にこもってセックスし続ける男女の話と
夫の本音が書かれたブログを探す妻の話
どちらもSNSやケータイとずっと繋がっている人間を前提にしており
人の多面的な部分がそっくり複数のメディアに繋がってるように扱っていて
時代設定の2003年に生きてる日本人を書くとこうなるのか、と

このブログだって自分が日常で言わないものがたっぷり書いてあるので
これを友人知人に見られると似たような状況になるんだろうなとすんなり飲み込める

ただ、文芸書が全く売れないというミもフタもない話から始まる選評が一番面白いような…

いつぞやの純愛コスメティックアニメみたいな

おいおい、週二くらいで更新するとかはどうした
できない事はあんまり言うもんじゃないです


以前に教えていただいた、西炯子がピンナップを描いている百合姫vol.19
載ってた中だと古街キッカさんという方の読切りが一番面白かった
もう一人ちょっと気になったのが天野しゅにんた
目当てのもの以外にこういう発見があると嬉しくなる


大相撲初場所

魁皇の新記録以外は盛り上がんないなーと思って見ていたけど
把瑠都が白鵬を破ってからの上位の潰し合いがすごい事になっていて
一敗の朝青龍をトップに三敗まで優勝ライン、しかもそこに四人もいる
へたすると千秋楽に五人で決定戦なんて事があるのか!
って感じで興奮したのですが
朝青龍が日馬富士を破って前日に優勝したのでそんな事にはならなかった
さすが横綱…
でも場所中にあんまりお酒飲むのはダメですよね


そういえばそろそろ、か…
参加できるといいなぁ

クララはいつも傷だらけ

うちでも見られる数少ないアニメ、今期一発目はソラノヲト
番宣とはえらく雰囲気違うけどこれはこれで…

というか舞台になってるスペインのクエンカ城壁都市の再現が丁寧で
坂道と階段が入り組んだどこをとっても高低差のついた背景や
スペースを確保する為の縦に長い建物がみっしりつまって圧迫感のある街並だとか
城塞とか好きな人なら鼻血が出そうなアニメだった

ただ住居や服や装飾品はスペインそのままなのに
通貨や玩具とかは日本が混じってたりしてて
どういう文化になってるのかちょっとわからない…


以下読んだもの
山田酉子『クララはいつも傷だらけ』
今までの読み切りをまとめたもの
基本の流れはメインキャラ二人の会話で進むのですが
どちらか一方に目線が固定されたまま話が最後まで続くので
もう一方の内心が読んでる側にもわからない

相手がどう思ってるのかわからずに感情を溜め込んでく流れがスムーズで
数コマで力関係がぱっと逆転したり一見何も変わらないように見えたり
そういう描写だけを楽しみたい時にさくっと読めていい感じ

こういう話の組み立て方が好きなので
そのうち一般向けのを描いて欲しいなと
BL作家に対して思うのは失礼なのはわかってるんだけど…ううむ

«  | HOME |  »

FC2Ad

 

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。